カニが並ぶと会話が消える我が家
12月 13, 2013 — 10:51

我が家は一家全員カニが大好き。普段は経済的な理由から、泣く泣くカニカマでガマンしているのですが、誰かの誕生日や年末年始などには決まってカニを食卓に並べています。

最近はネット通販でカニを買うようになりましたが、値段の割には量が結構入っているし、味もとてもおいしいですね。便利な世の中になったものです。

大皿に大量に乗せられたカニの足がドン、とテーブルの上に置かれると、それまでワイワイおしゃべりをしていた我が家の家族は一気に黙ります。そして、誰となくカニに手を伸ばしはじめ、黙々と身をむき始めるのです。

カニがなくなってしまうか、みんなが満足するまで会話は一切なし。この家族はどれだけ真剣にカニと向き合っているのだ、と客観的にみると思わず笑っちゃうほどです。

新作
11月 17, 2013 — 11:15

ほんの1部で話題になっているのが、北海道のローカル番組である“水曜どうでしょう”の新作です。
たまに外を歩いていると、この番組のステッカーを貼っている車を見かけることがあるけど、最近は数年ぶりの番組イベントが開催され、全国紙の1面にも載りましたね。
本土の住民としては、北海道は旅行でしか行ったことがないけど、旅行後に色々と調べて見ると魅力的な場所が幾つかあり、そのうちに行ってみたいです。
 
本当は1度の旅行ですべて制覇をしたいけど、北海道って面積が広いので、そうなりますと1週間もの時間が掛かりそうだからね。
1人だといいけど、友達と一緒だと自分の意見のみ主張することができないし、競馬に興味がない人に「帯広競馬場に行きたい」とは言えないので、未だに行ったことがないです。
 
小樽の朝市も行きたいな~
 
北海道だからホタテやカニやイクラが美味しいから、朝市でのご飯も捨てがたいね。
それでも時間的に北海道に行くのが難しい時には、生ズワイガニ通販.netを利用して、北海道産のカニを注文して自宅のみで楽しんでいるね。

お食事会
10月 19, 2013 — 16:45

お食事会というと聞こえが良いけど、メンバーがお友達や飲み仲間ではなく、親や親せきとなると、妙に気を使ってしまいます。
 
まあ、親だけならいいけど、この間のお食事会には、父親の親せきが集まっていたので、嫁の立場という母親は頼りなく、父は末っ子なので親せき内での地位は小さく、こういう時に中々入りにくい豪華なお店でのお食事ができても、周りに気を使ってしまえば、悲しいことに味なんか分からなかったです。
この時は海鮮中華がメインで、エビチリやカニしゅうまいなんか美味しいのに、私の席からは離れた所に皿が置いてあったので食べることはできず、チャーハンもほとんど食べられなかったなぁ~
カニのコロッケも本格的って感じだったのに、これも食べることができず、お酒も帰りに運転手役になったので飲めず・・・。
最終的には、何しに来たのだろうかと思っちゃったね。
 
もう、かに玉も卵がフワフワして美味しそうだったし、春巻きも北京ダックも食べたかったのに、満足に食べられなかったから、今度このお店で探して美味しいカニでも食べようかなーーータラバガニ通販口コミ@毎年この専門店でお取り寄せています!

海の幸をど~でしょう
9月 16, 2013 — 17:16

なんかどっかの番組のパクリみたいだし、知っている人は知っているだろうけど、先々週末から3日間、知り合いが北海道に某番組のイベントを行っていました。
知り合いの他にも、偶然、同じ職場の人も、このイベントに行っていたらしく、それを聞いた私は、心の底から羨ましかったです。
北海道に行く機会も滅多になく、しかも、数年ぶりの某番組のイベントになると羨ましいですよ!

で、そのイベントに合わせ、有給を申請して北海道に行き、その時に、人の携帯にメールをして自慢をし、ちょっとムカついたから、お土産にカニを買ってきてって返信しちゃったよ!
今はとっくにそのイベントは終了しているけど、有給後に出社した時に、自慢話と一緒にお土産として、豪華に小ぶりのカニを1杯づつ配り、海の幸をど~でしょうという振る舞いでしたね。
ついでに、カニ料理やご当地ラーメンなど堪能して、ご満悦という感じだったけど、私も次回のイベント&海の幸堪能の旅に行きたいな。
北海道のカニは、身がしっかりして絶品だからね~

海の幸を仕入れるなら、かに通販口コミ.net

蟹選びのコツ
8月 22, 2013 — 15:47

蟹好きだった一家の為に私は父と一緒によく蟹の買い出しに出掛けたものだ。北陸の海沿いの国道には今でも蟹の直売所が沢山建つ。北陸だけに蟹はタラバ蟹、大きさ毎に何となく分けられて値段が付けられていた。一っパイ(匹)いくらで売られていて、どの蟹を選ぶのかは自由。身の詰まったいい蟹を選ぶか、甲羅ばかりが立派で身がスカスカの蟹を選ぶかは見立て次第だ。

当然持ち上げて見てずっしりと重さを感じる物を選ぶのだが父親は蟹選びのもう一つのコツを教えてくれた。『押して見て甲羅が柔らかい蟹は駄目だ』これが父親が教えてくれた蟹選びのコツだ。蟹は甲羅の脱皮を繰り返して成長する。そして甲羅の柔らかい蟹は今はそのサイズにはなっているが脱皮から間もない蟹なのだという。

当然脱皮には大きなエネルギーを使う為に直後の蟹は身が細っていると云う訳だ。最近では大量の蟹の中からごれぞと云うのを選び出す機会はめったに無くなったが蟹の季節になるとこの蟹選びのコツを懐かしく思い出す。
以下のサイトでは、かに通販の紹介があって、色々と面白かった。
かに通販@満足度が高い蟹ショップランキング【かに蟹通販.net】

焼肉よりも大人気なカニ鍋や焼きガニ
8月 11, 2013 — 17:56

お正月に妹家族の家に遊びに行くのですが、カニのおいしい季節なので夕食はカニが大人気です。
近くの大規模鮮魚店に買い出しに行き、まるごとのカニを何匹も買ってきて、カニ鍋、焼きガニをすると甥っ子と姪っ子は大喜びで食べます。

どうも子ども達にとってカニはごちそうというイメージが強いらしく、焼肉などよりもカニに目の色を変えます。
それだけ喜んで食べているのを見ると、普段夫とふたりで食べているとカニに対してよても欲張りな私ですが、ついついカニの身のよいところを子ども達に譲ってあげて、しまいにはそのたべっぷりを見ているだけでお腹いっぱいになってくるくらいです。